読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャルディニエ・キリクイの庭しごと

神奈川で庭づくり・庭の手入れをしている小さな会社、キリクイのブログです。

庭師のいる生活

庭師のサービス業化

庭師は、庭にかかわる様々な仕事をこなす職人です。

昔のお屋敷には必ず出入りの庭師がいて、植木の手入れはもちろん、木の移植、竹垣の作り替え、肥料やりなど、一年中庭仕事をしながら、施主と固い信頼関係で結ばれていました。現代の住宅事情や経済状況を考えると、こんなことは古き良き時代の昔話でしかないのかもしれません。

さらに近年では、従来の業界慣習を否定し、低価格・迅速対応・明瞭価格などを掲げて、いわゆる「消費者のニーズ」に応えるサービス業として成功した会社が注目を浴び、それに追随するように、個人や小規模事業者の間でも庭師のサービス業化が進んでいます。庭師を「庭木を剪定するサービス業者」としてつきあうやり方は確かに気楽でしょう。業界慣習にあぐらをかいて顧客のほうを見てこなかった業者があったのも事実でしょうし、庭師とのつきあいは面倒なところもあるので、コンビニ感覚でつきあえる業者のほうが気軽で負担は少ないかもしれません。

庭師のいる生活

庭師のサービス業化は時代の趨勢でしょう。ただ、すべての庭師がサービス業者になる必要はないんじゃないかと思っています。庭師の仕事には、サービス業という範疇に収まりきらない何かがあります。そこを切り捨てずに、拾い上げて、今の時代に活かしていくことが、僕が庭師としてやるべき仕事だと考えています。

ちょっと時代の流れに逆行するようですけど、こんな時代だからこそ、あえて庭師を選んでみてはいただけないでしょうか? 

自宅の庭についてよく理解している庭師がいれば、きっと今以上に庭がおもしろくなると思います。相性のいい庭師と出会えたなら、ときにはその専門知識と経験を活かした良き相談役として、ときには難しい作業をこなしてくれる右腕として、力になってくれるはずです。それに、今はまだうまく言葉にできないんですが、庭師だから提供できる何かがあるという予感が確かにあります。

庭師のいる生活。きっと、おもしろいと思います。

宣伝です

神奈川・東京あたりにお住まいで、庭師をお探しの方は、 jardinier Kirikui をぜひご指名くださいませ。あなたの家の庭師として、心を込めて仕事をさせていただきます。

 

www.kirikui.com